プラセンタ使うなら原液でしょ?プラセンタのいろは

プラセンタ原液って本当に原液?

プラセンタを使うなら原液がいい!!そう思うのは自然なことですが、気になることもあります。
それは、プラセンタ原液が本当に原液なのか?ということです。プラセンタ原液というと、本当にそのままを瓶に入れているということになるのですが、実際のところはどうでしょうか。
原液については大きく二つに分けられます。

 

【本当に原液だけの場合】
余計なものが入っていなくて原液だけという場合、この場合はプラセンタの取り扱いや保管に細心の注意を払わなければなりません。
いわゆる「無添加」というものになります。

 

【保存料が入っている場合】
防腐剤などの保存料が入っている場合は、原液のみのプラセンタと比べると取り扱いなどはそこそこの注意で大丈夫でしょう。

 

【水などで薄めている場合】
水やその他の化粧品の成分で薄めているという場合は厳密には原液ではないと言えるでしょう。

 

原液というプラセンタで香りが付いている場合、これは保存料のにおいを消すために使われているということも多いようです。
原液の基準がなかなか難しいということが言えます。
冷蔵保存などを指定されているものは、原液という場合が多いようです。
とはいえ、厳密な規定というものがはっきりしないということが言えるので、原液100%だからと言って本当に100%とは言えないものもあるようです。

プラセンタ原液は効果が高い?

プラセンタ原液、原液って言うけれど、本当に効果が高いのでしょうか。
プラセンタ原液はアミノ酸を筆頭に、ビタミンやヒアルロン酸などが含まれているので、美容効果の高さについては申し分ありません。
これ以外の成分も含まれているのですから豊富な成分が含まれていることが言えます。
これらの成分がプラセンタに含まれていると言っても、水で薄くしているのであれば、効果がそこまで期待できないかもしれません。
ですから、ここで大切なのはプラセンタの濃度ということになります。
濃度100%というと、これは!!と思いがちですが、ここでも気を付けたいのが濃度100%であっても、本当に100%ではないということです。
となると、いったいどれを信用したらいいのかということになります。

 

やはり大事なのは口コミなのかもしれません。実際に使用した人がどのような効果を得ることができたのかということについて知ることによって、使用感を知ることができます。
このような口コミを知るにはインターネットから情報を得るといいでしょう。
良い口コミもあれば、悪い口コミというものもあります。それらの意見をどのくらい参考にするかはあなた次第ではありますが、口コミを見て損はありません。

プラセンタ原液使いが向いている人

プラセンタ化粧品が多くありますが、その中で原液にこだわって使った方がいい人とそうでもない人というのがいます。
これは、肌の悩みによっても違うのですが、肌全体の悩みという場合は原液にこだわる必要はそこまでないかもしれませんが、ピンポイントで効果を発揮したい人は原液にこだわった方が良さそうです。例えば、ここのシワが気になるとかここのシミを消したいというような場合は原液を使うことに適していると言えるでしょう。
原液を無駄なく使える上に、効果も出やすいということで、高価だと言われているプラセンタも意外とコスパが高くなるかもしれません。

 

【プラセンタ原液の使い方】
ピンポイントでシワやしみをどうにかしたいという場合は、洗顔後に直接塗るというのが効果的です。
この場合、清潔な状態で塗るようにしましょう。

 

【プラセンタ原液のその他の使い方】
プラセンタ原液はピンポイントに使うという方法以外でも、お手持ちの化粧水に混ぜて使うという方法もあります。
プラセンタ配合の化粧水というものがありますが、いわゆるあのような商品となります。

 

その他にも、プラセンタ原液を混ぜた化粧水をパックとして使用するなど、それぞれの工夫であらゆる使用方法があります。

 

馬プラセンタの詳細はこちら 

関連サイト

xn--5-0eujs3ay0od2nek8hfb.com・・・プラセンタサプリランキングでサクッと選んでキレイをゲット!美容にも健康にもいいサプリの情報です。

プラセンタ原液の活性酸素の過剰発生抑制について

プラセンタの効果はたくさんありますが、その中で注目したいのが、活性酸素の過剰発生を抑制する効果があるというものです。
活性酸素の過剰発生を抑制というと漠然としてしまいますが、この活性酸素の過剰発生を抑制することによって、肌の悩みの多くは解決することができます。
特に、老化現象と呼ばれているもにには効果を発揮するので、肌年齢そのものが若くなったり、歳の重ね方もゆるやかにすることができるのでしょう。
私たちの老化現象や病気の発生そのものには、すべて活性酸素の過剰発生が関係しています。
活性酸素の過剰発生を抑制することができれば、肌の老化現象を止めることだって夢ではないのです。
この活性酸素は普段受ける紫外線やストレスというような、生活しているなら100%防ぎようがないというものをはじめ、喫煙や食品添加物と言ったものまで活性酸素の過剰発生には関与しているのですから、侮れないのです。

 

例えば、外出そのものをほとんどしないような人の肌ってだいたいきれいなのですが、あれは紫外線を浴びていないからでしょうし、食生活に気を付けている人も肌がきれいなことが多いです。
活性酸素の過剰発生はその人の生活の中に発生の原因があるのですから、プラセンタを知った以上は味方に付ける方がよさそうです。

 

プラセンタサプリランキングで徹底比較して選ぶ? 

馬でも豚でも原液だったら同じでしょうか?

プラセンタ原液と言っても、それは馬なのか豚なのかということになります。プラセンタ原液には馬も豚もあります。

 

美魔女モデルさんが使っているプラセンタ原液は豚のものですし、女優さんが使っているものは馬だったりとまあいろいろあるのです。
しかし、プラセンタのことを知ると豚よりも馬の方がより効果的な成分を多く配合していることが分かりますし、効果という点以外でも、安全性の面でもやはり馬の方が上だという印象を持ちます。
というと、豚プラセンタの原液はダメなのか?と言われてしまいそうですが、そういうわけではありません。
双方を比べてみると、豚よりも馬の方が上というだけなのです。
ただ、馬のプラセンタ原液ってとても高いんです。ですから、無駄なく使うことが大切なので、ピンポイントで使うなどの工夫をした方が良さそうです。
一般庶民の私はそう思ってしまいます。

 

結論から言えば、馬のプランセンタ原液と豚のプラセンタ原液は同じではありません。
原液と言っても、薄めているものも存在していますし、馬と豚のプラセンタ成分も違っています。特にアミノ酸に関して言えば量も違えば配合されているアミノ酸も違っています。
馬だけに含まれているアミノ酸というものがあるということなのです。